海外WI-FIレンタルは3Gと4Gどちらを選ぶべきか


海外レンタルWi-Fiを選ぶ中で目にする「3G」と「4G」。その違い、選ぶポイントについて解説します。

 

3G・4G・LTEとは?

海外Wi-Fiレンタルの価格を見るとき、その横に3Gや4G、あるいはLTEといった表記があります。エリアによっては3Gしか選択肢がないところもありますが、3Gか4Gを選べるところも多いです。加えて、4Gの隣にLTEという表記も見かけます。

4Gの方が価格が高いので優れているのだろうけどその違いがよく分からない、できれば3Gでコストを抑えたいけど問題ないだろうか、と悩む方もいますよね。

それではそもそも、3G、4G、LTEとは何なのでしょうか。

これらは、モバイル通信の規格を表すものです。時代と共により高速なデータ通信が求められるようになり、それに合わせて通信規格は1Gから2G、3G、4Gと発達してきました。「G」とはGeneration(世代)の頭文字で、数字が大きいほど新しい通信規格であり、より早い通信ができることを表します

LTEは、Long Term Evolutionの略。日本語では「長期的進化」といった意味で、3Gから4Gへの進化の橋渡し的な位置にあります。かつては3.9Gなどとも呼ばれていた通信規格です。厳密にはLTEと4Gは違うものですが、LTEを4Gと呼ぶことが国際的に認められていて、現在はほぼ同一のものとして扱われています

それぞれの特徴をまとめると下記のようになります。

 

3G

  • 2000年代に主流となった規格
  • 速度は数Mbps~14Mbps程度
  • 電波が障害物に強い
  • 使えるエリアが広い

 

4G(LTE)

  • 現在広く普及してきた規格
  • 速度は75Mbps~100Mbps程度
  • 電波が障害物に弱い
  • 3Gよりも使えるエリアが狭い

 

Mbpsとは通信速度の単位で、1秒あたりに転送できるデータの量を表します。つまり、1Mbpsは1秒間で1メガビットのデータを転送できるということです。ちなみに通信速度には2種類あり、動画やホームページの観覧、メールの受信といったダウンロードの速度を「上り」、メールの送信やファイルのアップロードを「下り」で表します。

数値で見ると、4G3G5倍程度、場合によっては10倍もの通信速度になります。通信状況などによって数値は変動するので過度な期待は厳禁ですが、その差は明らかです。とはいえ、3Gでもテキストメールの送受信や一般的なホームページの閲覧程度なら、十分にストレスなく使えるくらいの通信速度はあります。ただ、画像や広告が多いページの閲覧や動画の視聴となると、いわゆる「重い」状態となってしまうでしょう。

ならば4Gで良いだろうと思われますが、4Gには障害物があると電波が途切れてしまうという弱点があります。また、田舎ではまだ4Gに対応できていないエリアもあります。その点、3Gは電波が障害物にも強く、屋内や山間部でも通信が安定しているのが強みです。4Gが使えない場所では3Gに切り替えることで安定した通信を確保するので、3Gもまだまだ現役なのです。

 

選ぶポイント

上記のそれぞれの特徴が分かったところで、自分にあった方を選択しましょう。

 

3G

  • コストを抑えたい

4Gプランと3Gプランでは、1日あたりの差額が数百円になることもあります。数百円といえど、日数が多いとその額も大きくなってしまいます。多少不便を感じたとしても費用を取るなら、やはり3Gです

  • あまりネットは使わない

上にも書いたとおり、3Gは4Gに比べれば通信速度が遅いとはいえ、大きな容量のデータをやり取りするのでなければ十分に使えます。LINEやメールでやり取りをする、旅行先で現地の情報や地図を確認したい、という位なら、3Gでもストレスにはならないでしょう。全くネットを使えないのは困るけれど、動画をみたりゲームしたりはしない、という方は3Gも選択肢に入ります

  • 4G未対応エリアで活動する

上にも書いたとおり、4G対応の国でも国中で4Gが使えるわけではありません。山間部や田舎、地下など4Gで対応できなければ、3Gに切り替わります。折角4Gプランを選んでも、ずっと3Gに切り替わっていたら勿体ないですよね。そうしたエリアでの活動がメインとなる渡航なら、最初から3Gを選ぶのもアリです。

 

4G(LTE)

  • 費用は気にしない

4G対応エリアで、かつ費用を気にしないのであれば、やはり4Gです。4Gが使えないエリアや状況では自動的に3Gに切り替わるだけなので、4Gを選んでおけばまず間違いありません

  • 普段と同じようにサクサク利用したい

現在、日本では4Gが主流となってきています。そのスピードに慣れていると、3Gだと遅く感じてしまうでしょう。特に、普段から動画や音楽などをネットで楽しんでいて、海外でも同じように使いたい場合には4Gがおすすめです。

 

自分に合ったチョイスで快適に

通信速度に重点を置くか、コストを抑えるかが、3G・4Gを選ぶ大きなポイントです。自分に合ったチョイスができれば、旅の快適さや満足度も上がるでしょう。